はじめての交通事故相談

はじめての交通事故相談

交通事故に巻き込まれてしまった時、多くの場合が加害者側の保険会社の社員が交渉担当者となります。治療が終わったり、後遺症の認定が出ると示談を求められます。
大部分の被害者が何の疑問も持たずに応じていることでしょう。
もしくは、少し納得がいかないが、仕方ないと諦めているパターンもあると思います。
しかし、実際は多くの方が本来受けられる補償を受けていないのです。
保険会社は裁判所の基準に基づいた損害額よりも低い支払額を提案してきます。
もちろん、弁護士に依頼するとなると弁護士費用もかかります。しかし、差し引いても損害額が増額するのであれば、弁護士に依頼するのが得策です。
迷われている方は一度弁護士による無料相談などの相談窓口を利用してみてはいかがでしょうか。